皆さんこんにちは。

 

田んぼでは稲刈りが始まり、山々の木々は色付き始めましたね。

本格的な秋の到来です。

 

秋というと、よくテレビなどでは「〜の秋」と表現されますが、 皆さんはどんな「〜の秋」を楽しんでいるでしょうか?

今回はその中でも「食欲の秋」に繋がる話題を一つ紹介したいと思います。

 

皆さんご存知の、仙台市ごみ減量・リサイクル情報総合サイト「ワケルネット」。 ワケルネットでは、ごみの出し方・分別方法などの情報を提供しています。

 

その中に、9月から新しい情報発信サイトが出来ました。

名称は、モッタイナイキッチン です。

 

仙台市政だより10月号に、特集が掲載されています。

モッタイナイキッチンは、 食を大切にし、食材を賢く使うことで、捨てる部分を減らしたり、食品ロスを減らすために 様々な料理のレシピ(モッタイナイレシピ)を集めて情報を発信したり、 生ごみを「捨てる」のではなく、堆肥化して循環させる方法を紹介するなど、 食に関する様々な情報を発信するサイトとして、立ち上がりました。

 

皆さんのご家庭からでるごみの約3割は、「生ごみ」と言われています。

 

食材を使い切る、あるいは保存することで、生ごみは減らすことが可能です。

 

この機会に、モッタイナイキッチン を閲覧してみてはいかがでしょうか?

 

サイトのURLはこちらです。

https://www.mottainai-kitchen.com/

 

それではこの辺で

 

後藤

皆さんこんにちは。

 

ちょっと質問です。 皆さんのご自宅にはパソコンありますか?

今となっては、一家に一台と言っても過言ではありませんよね?

ちなみに、私はパソコンが趣味の一つで、自宅には合計6台ありますが・・・・。 そんなに持っていて全部使うの?という質問は無しでお願いします。

 

さて、皆さんのご自宅には故障したままのパソコンがありませんか?

または買い替えして、以前使っていたパソコンをそのまま保管してませんか?

家庭用のパソコンはリサイクル出来るんです。

今回は、パソコンのリサイクル方法についてご紹介したいと思います。

 

日本では、平成13年に資源有効利用促進法という法律が制定されました。

いわゆる3R(リユース・リデュース・リサイクル)です。

その法律に基づき、家庭用パソコンを製造するメーカー等に、回収と再資源化が 義務付けされました。

パソコンの出し方には3つの方法があります。

 

PCリサイクルマークがついている場合

平成15年(2003年)10月以降に販売された家庭用パソコンには、 PCリサイクルマークが付いています。

このマークがあるパソコンを購入する場合、価格に「リサイクル料金」が盛り込まれており、回収・再資源化料金はかかりません。

各メーカー(NEC・富士通など)の受付窓口に、回収を申し込むことで、リサイクルの手続きが完了します。

 

ただし、ここで注意点があります。

PCリサイクルマークが付いていても、倒産などにより回収するメーカーが存在しない場合、回収・再資源化料金を支払う必要があります。

その場合は、以下の△諒法のいずれかで処理することになります。

 

 

PCリサイクルマークがついていない場合

 PCリサイクルマークが付いていない場合は、以下のいずれかの方法になります。

 

(1)メーカー受付窓口に回収を申し込む(メーカーが存在する場合)

 

(2)パソコン3R推進協会に回収を申し込む(メーカーが存在しない場合・自作パソコン)

  詳しくは、下記URLをご参照ください。

  一般社団法人パソコン3R推進協会 http://www.pc3r.jp/index.html

  なお、処理に必要な費用として、回収・再資源化料金が発生します。

 

(3)仙台市の許可業者に収集を申し込む。(メーカー問わず)

  詳しくは、仙台市の下記URLをご参照ください

   https://www.city.sendai.jp/haiki-shido/kurashi/machi/genryo/gomi/shokai/ichiran.html#kyoka

 

(4)仙台市内のリサイクル施設に自分で持ち込む。

  仙台市内には、直接自分でパソコンを持ち込んで処理するリサイクル施設があります。

  詳しくは、下記URLをご参照ください。

  横浜金属商事株式会社 仙台営業所 http://www.yk-metal.com/shoji/environment03.html

  三洋商事株式会社 仙台リサイクルセンター https://sanyo-syoji.co.jp/works/ordinance_info/20161014_001787.html  

 

 

 

小型家電として出す場合

 「小型家電リサイクル法」に基づき、仙台市内に設置されている回収ボックスや民間業者による回収が可能です。

 ただし、回収ボックス「縦15×横30の投入口」に入るもの、が対象となりますので、注意が必要です。

 

 詳しくは仙台市のワケルネットをご参照ください。

 http://www.gomi100.com/3r/recovery/000559.php

 

パソコンの中にある様々なパーツは、再利用が可能です。

また、レアメタルなどの希少金属も多く含まれます。

 

以前紹介した、2020東京オリンピックのメダル制作にも役立ちます。

 

皆さんのご自宅に眠っているパソコンはありませんか?

 

この機会にぜひ、リサイクルしてみてください。

 

それではこの辺で

 

後藤

皆さんこんにちは!

3月になりましたね。

日中もだいぶ暖かくなってきましたが、 朝晩の寒暖差はまだまだありますので、体調崩さないようご自愛ください。

 

さて、今回ご紹介するのは、「使用済みインクカードリッジ回収」についてです。

 

今となっては「一家に一台」と言っても過言ではない、家庭用インクジェットプリンター。

複数台お持ちの方もいるのではないでしょうか?

 

そのプリンターに用いられるインクカードリッジですが、 使用済みになったものはどうしてますか? 家庭ごみとして出していませんか?

 

実は、この「使用済みインクカードリッジ」、仙台市では、家庭ごみの減量とリサイクルを一層推進するために、 プリンターメーカーが実施しているインクカードリッジ里帰りプロジェクトに参加、 仙台市内にある施設等に専用の回収箱を設置して、使用済みインクカードリッジを回収しています。

 

 

インクカードリッジ里帰りプロジェクトの詳しい概要については、下記URLをご参照ください。

http://www.inksatogaeri.jp/

 

 

回収となるインクカードリッジは、プリンターメーカー(Cannon・Dell・EPSON・日本HP・brother)の純正品となります。

メーカー純正品以外のインクカードリッジについては対象外となりますので、ご注意ください。

 

 (インクカートリッジ里帰りプロジェクトHPより)

 

 

市内の回収箱が設置されている場所は、

 

葛岡リサイクルセンター

今泉リサイクルセンター

環境局ごみ減量推進課

 

他にも、○宮城県庁2階コンビニ前 ○仙台合同庁舎内 ○仙台市内の郵便局、にも専用の回収箱が設置されています。

 

詳しくは、ワケルネットをご参照ください。

http://www.gomi100.com/3r/recovery/000513.php

 

 

もちろん、仙台市の事業とは別に、大手家電量販店や大手事務用品店などにおいても、同様の回収箱が設置されています。

新しいインクカートリッジを購入する際に、使用済みのカートリッジを持ち込むと値引きするといったサービスをおこなう家電量販店もあります。

 

 

身近なものからリサイクルする。普段使っているものでも、リサイクルに繋がるんですね!

 

皆さんも身近なものからリサイクルして、ごみ減量に貢献してみてはいかがですか?

 

それでは、この辺で

 

後藤

皆さんこんにちは。

まだまだ寒い日が続きますね。

 

インフルエンザもピークは過ぎたとはいえ、未だに猛威をふるっているようです。

うがいや手洗いなど、予防に努めてください。

 

さて今回紹介する内容ですが、紙類拠点回収紙類回収ステーションについてです。

 

このblogでも何度か記事にしていますように、 仙台市では昨年より「WAKE UP(ワケアップ)!! 仙台」というごみ分別に関する取り組みを行っていますが、その中でも、とくに紙類の回収についての取り組みを強化しています。

 

 

その取り組みとして

 

紙類 定期回収(2週に1度)

紙類 拠点回収

紙類 回収ステーション

 

この3つを実施しており、今回はこれらの△鉢について紹介します。

 

________

∋耄犁鯏晴鷦 

これは仙台市内にある公共施設37か所に設置されている資源回収庫です。

 

主に、各区にある市民センターに設置されています。

回収庫の設置場所については、以下のPDFをご覧ください。

この回収庫は、紙類の他に、リサイクル布類の回収にも利用されています。

 (ワケルネットより)

 

出し方については、下記URLをご参照ください。

 紙類の出し方:http://www.gomi100.com/3r/recycle/000077.php

 布類の出し方:http://www.gomi100.com/3r/recycle/000516.php

 

 

____________

紙類回収ステーション

紙類回収ステーションは、仙台市と協力している事業所(店舗)に持ち込むものです。

 

持ち込みできるものは、紙類のみとなっています。

また、利用できない時間帯や曜日も各事業所によって異なりますので、 利用する際は確認するようお願いいたします。

 

紙類ステーションの事業所については 以下バナーのPDFをご覧ください。

 

弊社、青葉環境保全本社も、紙類回収ステーションとして登録されています。

 

紙類は貴重なリサイクル資源となります。

皆さんも改めてもう一度リサイクルについて考えてみませんか?

 

それではこの辺で。

 

後藤

皆さんこんにちは。

 

2月に入りましたね。

旧暦で2月は「如月(きさらぎ)」と言いますが、 「衣更月」と書いて”きさらぎ”と綴ることもあるそうです。

 

名前の由来は諸説あるそうですが、旧暦の2月でもまだ寒さが残っているので、 衣(きぬ)を更に着る月(衣着月)という意味から”きさらぎ”という由来が あるそうです。

 

 

さて、今回ご紹介する話題は、仙台市内に2ヵ所ある リサイクルプラザ です。

 

青葉区葛岡と、若林区今泉 にあり、ここでは、 市民の方からリサイクルするために持ち込まれた家具・家電製品の中からまだ使えるものを補修・展示し、希望者に抽選で提供しています。

 

 

また、衣類・本・おもちゃなどの持ち込みも受け付けており、必要な方に提供するほか、 リサイクルに関する様々な情報提供も行っています。

 

家具・家電製品などの展示品については、ワケルネットにて情報提供しています。下記のURLを参照ください。

 

リサイクルプラザ URL http://www.gomi100.com/3r/plaza/ 

 

欲しい商品がある場合は、直接リサイクルプラザに行き、所定の用紙(申込用紙)に 必要事項を記入の上、係員に提出することになります。

 

月ごとに展示品が変わったり、

あるいは期間限定ですが、子供の学習机フェアなども開催されたりもします。

 

(リサイクルプラザHPより)

 

なお、不要となったものを持ち込む場合、持ち込みが出来ないものもありますので、持ち込む際は必ずリサイクルプラザに確認してから持ち込むようにお願いします。

 

 

個人的な話になりますが、私も何度かリサイクルプラザを利用したことがあります。

 

展示している提供品はとても綺麗に修復されており、まだまだ使えるものばかりでした。

 

不要になったからと言って、粗大ごみとして捨てるのではなく、次の人に使ってもらう。

 

そのような流れを作ることで、ごみの減量にも繋がるのではないでしょうか?

 

この機会にもう一度リサイクルに目を向けてみませんか?

 

それではこの辺で。

 

後藤

みなさんこんにちは。

 

10月も中旬に入り、朝晩は冷え込むようになってきました。 体調には十分気をつけてください。

 

 

さて、今回ご紹介するのは、9月に仙台市が発行した 「せんだいリサイクル拠点ナビ」というリーフレットです。

 

 

 

このリーフレットは、紙類・布類・小型家電などの回収拠点を 市内全域の地図で確認できるというものです。

 

なお、回収時間に関しては、原則的に設置場所の営業時間内であれば いつでも持ち込み可能ですので、とても便利です。

 

 

また、リーフレットには各資源の回収方法や出し方などについても 詳しく記載されています。

 

 

市民の皆様一人一人が意識してリサイクルすることによって、 ごみとして排出されるものが資源として有効活用することが出来ます。

 

このリーフレットは、各区役所や市民センターなどで配布されていますので、 この機会にぜひ活用してみてはいかがでしょうか?

 

それではこの辺で。

 

後藤

皆さんこんにちは。

blogの更新が滞ってしまい、申し訳ありません。

 

暑い日が続いてますね。

数か月前に、アメリカ航空宇宙局(NASA)が 発表した世界の天候に関するニュースを見ると、 今年は世界的に最も暑い年になるとのこと。 日本の気象庁も10月まで残暑が厳しいと発表してました。

皆さんも、熱中症や体調不良にならないようご注意ください。

 

さて、皆さんはこのマークを見たことありますか?

 

私は今日、紙類回収で八幡・通町学区を収集していました。 その際、段ボールを収集中に見つけたものです。

 

これは、

段ボールリサイクルマークと言います。

 

国際段ボール協会が2000年に制定したマークで、 世界共通のシンボルマークとのこと。

 

このマークを表示することによって、

 

1.消費者の分別排出が容易になる。

2.市町村の分別回収の促進

3.異物混入を避け、リサイクル品質の向上

 

これらの効果が期待できるそうです。

 

皆さんも、紙類を出す際に、段ボールにこのようなマークがあるか 確認してみてください。

このようなリサイクルマークを確認することで、 ごみの分別に興味が沸いてきませんか?

是非ともごみの分別にご協力ください。

それではこの辺で。

 

後藤

皆さんこんにちは!

 

天候の変化が著しい毎日ですね。

こういう時は、体調を崩しやすいので、ご自愛ください。

 

さて、今回ご紹介するのは、

「小型家電リサイクル」です。

 

小型家電ってどんなもの?って思いますよね。

 

対象となる小型家電は、以下のようなものになります。

 

小型家電の中に使われている基盤などには、貴重な資源が含まれています。

 

例えば、携帯電話やデジカメなどには、金・銀・銅・希少金属(レアメタル)などが 含まれていますが、その他にもリサイクル可能な資源が多くあります。

 

仙台市ではこのような「小型家電のリサイクル」を実施しており、 市内の29か所に、

回収ボックスを設置しています。設置場所については、こちらのURLで確認してください。

http://www.gomi100.com/3r/recovery/000559.php

 

また、宅配便を活用した回収や、家電量販店(ケーズデンキ)が実施している店頭回収および訪問回収も利用できます。詳しくはこちらのURLをご確認ください。

http://www.gomi100.com/3r/recovery/000559.php#renet

一部有料となりますが、利用してみてはいかがでしょうか?

 

ご家庭にある様々なものは、リサイクル可能な資源が含まれています。

この機会にリサイクルについて興味を持ってみてはいかがでしょうか?

 

それではこの辺で。

 

後藤

1