皆さんこんにちは!

 

さて、今回はいつもと違う話題をお届けしたいと思います。

 

私が主に担当している収集業務は、「プラスチック容器包装」です。

ところで、収集した「プラスチック容器包装」はどこに搬入するか知っていますか?

家庭ごみの場合は、仙台市内にある3つの清掃工場(松森・葛岡・今泉)に搬入しますが、 プラスチック容器包装の場合は、仙台新港(宮城野区港)にある、 「新港リサイクル」に搬入します。

 

コンテナを積んだ大型トラックが行き交う、仙台市宮城野区の港地区。

その道すがらで見つけた、シラサギの営巣地(コロニー)を今回は紹介したいと思います。

キリンビール仙台工場の一画にある松の木々には、長い首にすらりとした脚、 白い羽が美しいシラサギが、「コロニー」と呼ばれる集団営巣地を作っています。

 

その数は100羽を超えます。

シラサギの集団繁殖地(コロニー)は、鷺山(さぎやま)と呼ばれるそうです。

 

 

木々の上には、小枝で作られた巣がいくつもあり、

 

成長したひな鳥たちが 今にも巣立つような感じでした。

 

ネットで調べてみると、キリンビール仙台工場の構内には、かつてケヤキの林が広がり、シラサギを含む野鳥の楽園だったようです。

 

2011年3月11日に発生した東日本大震災の津波の影響で、海水に浸かるなどした木々の多くは 伐採され、震災後は多くの野鳥が姿を消しました。

 

ですが、シラサギたちはいち早くこの場に戻り、営巣を始めたそうです。

これからもっと増えていくのではないでしょうか。

 

シラサギは集団営巣することから、糞・餌・雛の腐臭・鳴き声などが、人にとって公害と なる場合があるそうです。

 

しかしながら、この一角で働く人たちは、シラサギの営巣地であるこの場所を温かく見守り、 新たな命を育む姿を見て、復興へと向かう仙台の未来への希望を重ねているのかもしれないと、あるニュースの記事に書かれていました。

 

このシラサギの営巣地を今後も守っていけたら、素敵ですね。

 

******

ちなみに、シラサギ(白鷺)という名前の鳥は存在しないって知ってましたか?

 

シラサギとは、「ほぼ全身が白いサギ類の総称」なのです。

私たちが普段見かけているのは、「ダイサギ」や「チュウサギ」と呼ばれ、それらを総称して シラサギと呼んでいるのです。

 

じつのところ、私もシラサギという鳥が居るものだと思い込んでいたのでビックリしました。

まだまだ、勉強が足りませんね。

 

それではこの辺で。

後藤

皆さんこんにちは。

早いもので3月も下旬に入りました。

日中も暖かくなり、過ごしやすくなりましたが、 朝晩はまだ冷え込むことがありますので、体調崩さないよう気を付けてください。

 

先日のプラスチック容器包装の収集中に、ふと車から降りた際に、ふわっと風に乗って 花の香りが漂ってきました。

周りを見てみると、梅の花が綺麗に咲いていました。

他にも春の草花はないかな〜っと、収集しながら周りを見ると、 いろいろな草花が咲いていたので、休憩時間などの際にちょっと撮影したものを紹介したいと思います。

 

まずは

これは草花ではないですが、とても綺麗に咲いていたので撮影しました。

 

撮影中、ミツバチ?が蜜を集めていたので、思わず嬉しくなり、逃げられないように注意しながら撮影しました。

弊社の収集車(通称ミツバチ号)のデザインにもなっているので、撮影できたことは、運が良かったのかもしれません。

 

(↑ミツバチではなく、「ハナアブ」ようです!)

 

次に撮影したのはオオイヌノフグリ

これは春先に青紫色の花を咲かせます。道端に多く自生して、 春の訪れを間近に教えてくれる花です。

 

次にタンポポ 

これは言うまでもなく、春の草花の定番ですね。 撮影した場所は道路わきの南側に面した側溝脇でしたが、太陽に向けて黄色い花を大きく開いて日光をいっぱい浴びているような感じでした。

 

そして、ミチタネツケバナ と ホトケノザ

これも道端に多く自生している草花です。

 

ホトケノザと聞くと、春の七草のひとつですが、 この紫の花を付けるホトケノザは春の七草とは別なのだそうです。

ホトケノザって2種類あるんだと初めて知りました。

地方によって、あるいは地域によって同じ草花でも呼び方が違うことがありますが、 同じ名前で種類の違うものがあるとは思いませんでした。 私自身、一つ勉強になりました。

 

皆さんも、休日などを利用して家の周りを歩いてみませんか?

ふだん何気なく咲いている草花も、立ち止まって見てみるととても綺麗ですよ。

 

それではこの辺で。

 

後藤

1