皆さんこんにちは。

 

今回の話題はいつもとは少し違うかもしれませんが、 ごみ減量の一つとしてご紹介したいと思います。

 

さて、皆さんは「食品ロス」という言葉を聞いたことありますか?

 

「食品ロス」とは、まだ食べられるのに捨てられている食べ物のことを言います。

 

ここで、政府広報で紹介されている「食品ロス」の現状などについて、ご紹介したいと思います。

 

 

政府広報によると、日本の年間食品廃棄量は消費全体の3割にあたる約2800万t。

この内、売れ残りや期限切れの食品、食べ残しなど、本来食べられたはずのいわゆる「食品ロス」は 年間 632万t にもなると言われています。

 

なかなか理解できない数字ですが、ちょっとした比較として言いますと、

 

世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の食糧援助量が、平成26年度で約320万t、 

ですので、日本という国一つで援助量の倍以上の量食糧を、毎年、捨てていることになるのです。

 

 

日本人一人あたりに換算すると、お茶碗1杯分(約136g)の食べ物が、毎日捨てられている計算になるそうです。

 

 

 

そして、食品ロスは、様々な場所で発生していると言われますが、その約半分(約302万t)は一般家庭から発生しているとのこと。

 

食材別に見ると、多い順に

 

野菜 /調理加工品 /魚介類 となるそうです。

 

これらの食品を食べずに捨てる理由として多いのは、 鮮度の低下・腐敗、カビの発生、消費期限・賞味期限が過ぎた、 などが挙げられるそうです。

皆さんが出す家庭ごみにはもちろん生ごみがありますよね?

 

生ごみの中には、実のところ手付かずの食品が約2割もあり、そのうちの4分の1が賞味期限前のものと言われているそうです。

 

 

また、調理の際の野菜の皮むき・肉の脂身の取り除きなど、食べられる部分を過剰に捨てていることも 家庭からの食品ロスに繋がる原因の一つになっています。

 

 

我々人間が生命を維持するためには、食事が必要です。

 

ですが、食材の買い過ぎ、食べ残しなどは食品ロスは招き、無駄な消費になり、結局はゴミの排出増加に繋がることになります。

 

買った食材を使い切る、食べ切る、残った食材を別の料理などに活用するなどちょっと工夫することで、食品ロスを減らすことができます。

 

それは同時に、「ゴミ」を減らすことにも繋がるのです。

 

食品ロスを減らす方法などは政府広報でも紹介されていますので、 一度ご覧になってみてください。

 

政府広報オンライン

http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201303/4.html

 

それではこの辺で。

 

後藤