皆さんこんにちは。

5月に入りました。新緑の季節ですね。

道路沿いの街路樹や家の庭先などの木々も緑の葉を伸ばし、 「杜の都 仙台」を彩り始めました。

皆さんも、ふと足を止めて近くの木々を眺めてみてはいかがでしょうか?

 

さて、今回は弊社の仕事で使用する車両を紹介したいと思います。

これまで、委託業務(仙台市家庭ごみ収集)で使用する新車両をご紹介してきましたが、 今回は水処理業務に導入された新しい車両をご紹介します。

水処理に使用する車両は、主に

 

.丱ュームカー

高圧洗浄車

6力吸引車

 

と機能別に数種類あるのですが、今回、新たに導入された車両は、の強力吸引車になります。

名称としては「ブロワー車」や 「バキュームダンパー」などと呼ばれています。

 

一般的に「バキューム」と聞くと、「し尿運搬用」の車両をイメージするかと思いますが、 この「バキュームダンパー」は用途が異なります。

バキュームダンパーは、吸引機とタンクを装着した車両で、 バキュームカーでは吸い込めないようなモノ、たとえば、下水マンホール等を清掃した際に出る廃液水路の底に溜まった汚泥、あるいは粘質性(油分が多い)が高い汚水などを吸い込むために使われるのです。

 

また、水害や水道管が破断したなどの非常時に、溢れた水を吸引することもあります。

 

基本的には、し尿を取り出すことは殆どありません。

 

ごみ収集車と違い、夜間に動くことが多いため普段皆さんのお目にかかることは少ないですが、弊社では、主にこのような車両が活躍しています。

 

これまでは、弊社の委託業務(家庭ごみ収集)に関する情報を発信してきましたが、 これからは弊社全体の業務に関する様々な情報を紹介していきたいと思いますので、 どうぞよろしくお願いします。

 

それではこの辺で。

 

後藤