皆さんこんにちは。

ゴールデンウィーク中はいかがお過ごしでしたか?

天候にも恵まれ、行楽地は人で賑わったようです。

今週から通常に戻りますが、連休中の疲れもあると思いますので、 体調には気を付けてください。

 

さて、今回の話題は【スプレー缶のガスの抜き方について】です。

 

前回はライターの捨て方についてご紹介しましたが、スプレー缶も、ライター同様に ごみ収集車の火災の要因のひとつとして有名です。

http://www.aiaj.or.jp/mechanism.html より)

 

一般的には「スプレー缶」と言いますが、広義的には「エアゾール缶」と呼ばれています。

 

身近な製品としては

 

 ‐箪剤・芳香剤

 化粧品(ヘアースプレーなど)

 0緻品(消炎剤など)

 づ瀕

 セγ邵

 

など、多岐にわたります。

 

スプレー缶をゴミに出す場合、4つの段階を経て出すことになります。

 

 .好廛譟軸未カラにする(製品を使い切る)

 ▲好廛譟軸未カラになったか、確認する

 ガス抜きキャップを使ってガスを抜く

 こ銅治体の出し方に基づいてごみに出す

 

http://www.aiaj.or.jp/mechanism.html より)

 

なお、のガスの抜き方(ガス抜きキャップを使用する)については、 一般社団法人日本エアゾール協会のHPに詳しく記載されています。

スプレー缶の種類や形状によって、ガス抜きキャップの使い方も異なりますので 注意が必要です。

詳しくは下記URLをご参照ください。

http://www.aiaj.or.jp/mechanism.html

 

また、不燃性ガス使用のスプレー缶(炭酸ガス・窒素ガスなど)については、 ガス抜きキャップは付いていませんので、製品に記載されている方法でガスを 抜くようにしましょう

 

正しい方法で処理をして、正しい方法でゴミに出す。

 

皆さんがしっかりとした知識を持ってごみに捨てることで、 収集車の火災事故を防ぐことにも繋がります。 

この機会に是非とも覚えていただければ幸いです!

 

それではこの辺で

 

後藤