皆さんこんにちは。

いよいよ6月に入りましたね。

早いもので、平成29年も半年を迎えようとしています。

仙台はこれから梅雨の時期に入ります。 肌寒い日もあるので、体調には十分気を付けてください。

 

さて、今回紹介するのは守り本尊の第3弾!

戌年(イヌ)と亥年(イノシシ)の守り本尊である、大崎八幡宮です。

仙台市内には、江戸時代に盛んになったと言われる卦体神(けたいがみ)信仰に伴い、 十二支の守り本尊があります。

弊社が仙台市から受託している家庭ごみ収集地域(青葉区)には、 この守り本尊がいくつかあり、大崎八幡宮もその一つになります。

 

大崎八幡宮は、文化財としても貴重で、 社殿(本殿・石の間・拝殿)は、昭和27年に「国宝」に指定されました。

大崎八幡宮は、坂上田村麻呂が八幡宮の総本社である宇佐神宮を現在の岩手県奥州市に勧請し、 「鎮守府八幡宮」と称したことに始まります。

室町時代に奥州管領だった「大崎氏」が 、現在の宮城県大崎市に遷したため、【大崎八幡宮】と呼ばれるようになったそうです。

 

江戸時代になり、「大崎氏」が改易され、 初代仙台藩主 伊達政宗公が仙台城から見て北西の方角にある現在地(青葉区八幡町)に 大崎八幡宮を造営し、従来伊達氏が祀ってきた成島八幡宮と合祀して遷座、 仙台城下の乾(=「戌亥」、すなわち北西の方角)天門の鎮めとなったといわれます。

 

ちなみに、十二支は方角を表しますが、「戌亥」は「北西」。

大崎八幡宮が戌と亥の守り本尊であることが ここからもお分かりになるかと思います。

 

あれ???そういえば・・・。

申酉の守り本尊である大日如来は? 午の守り本尊である二十三夜堂は?

申酉は方角で言うと西南西 午は南 大崎八幡宮は仙台城からみて北西(戌亥)に位置してますが 大日如来と二十三夜堂は違うような・・・。

その理由はまたの機会に。

 

大崎八幡宮は、どんと祭が有名ですが、祭事の時だけではなく、 ふと気軽に足を運んで、境内を散策するのも良いかもしれません。

 

ちなみに、社殿の修復工事も終わり、 見事な装飾を見ることが出来ます。

仙台の鎮守、大崎八幡宮 是非行ってみてください。

http://www.oosaki-hachiman.or.jp/

 

それではこの辺で。

 

後藤