皆さんこんにちは。

 

さて、今回は家庭ごみの出し方の中でも、在宅医療の廃棄物について 説明したいと思います。

 

一般的に、在宅医療で使われるものの種類としては、以下のものがあります。

 

注射針(ペン型自己注射器を含む鋭利なもの)

点滴バッグ

チューブ類(点滴用など含む)

カテーテル

 

また、これらの廃棄物が発生する状況としては、

 

^綮奸Υ埜郢嫖が自宅を訪問し、医療処置を行って発生するもの

医師の指導管理に基づき、患者等が自ら医療処置を行って発生するもの

 

上記の2つのパターンがあります。

 

 

仙台市では、在宅医療廃棄物をごみにとして出す場合、大きく分けて二つの方法で 出すことになっています。

 

注射針(ペン型自己注射器を含む鋭利なもの)

 ⇒家庭ごみとして出すことはできません。かかりつけの医療機関や薬局に返却してください。

点滴バッグやチューブ類

 ⇒ビニール袋などで密閉して、家庭ごみ用指定袋に入れて出してください。

(画像は仙台市のHPより引用)

 

注射針など鋭利なものが、家庭ごみとして出せない大きな理由としては、

針など付着している血液が収集作業や仕分け作業中に作業員に付着し、感染等の危険性があるためです。

 

糖尿病患者の方が使うインスリン注入器や、点滴用の注射針がこれに該当します。

 

正しい方法で正しく出すことによって、皆さんを含め我々収集する人達の安全にも 繋がります。

 

この機会にごみの出し方を再度確認してみませんか?

 

詳しくはワケルネット、および、仙台市生活ごみ分別事典「ワケルくん」をご参照ください。

 

それではこの辺で

 

後藤