皆さんこんにちは。

毎日暑い日が続きますね。

熱中症にならないよう、水分補給はこまめにおこないましょう。

 

さて、今回紹介するのは、リサイクル率の高い国ランキング です。

これは、外務省のHPで、主に子供向けに紹介されているものです。

 

OECD(経済開発協力機構)が発表しているのですが、 データ自体は2006年から2008年と、ちょっと古いデータになります。

 

対象となるものは、ボール紙のリサイクル率になります。

 

では、ランキングを見ていきましょう

 

1位 アイルランド 78%

2位 スイス、スウェーデン 74%

4位 ドイツ 73%

5位 オランダ、ニュージーランド 72%

7位 ノルウェー 71%

8位 オーストリア、フィンランド 70%

10位 大韓民国 69%

 

(注)ドイツ、スウェーデン、大韓民国は2004年のデータに基づく

<外務省URL> http://www.mofa.go.jp/mofaj/kids/ranking/recycle.html

 

あれ?

日本は?

 

実のところ、日本はランキング10位以内には入っていないのです! 

 

日本の順位に関してなんら記載がないので何とも言えませんが、現在ではもう少しリサイクル率が上がっているかもしれません。

 

ちなみに、2009年〜2012年のOECDにおける一般廃棄物リサイクル率のランキングを見ますと 日本は23位。

ちなみに1位は韓国でした。

<参考URL> http://eritokyo.jp/independent/aoyama-col5760.htm

 

 

どちらにしても、日本はOECD加盟国の中でも、 リサイクル率に関しては「後進国」になります。

 

このランキング、皆さんはどうお考えになりますか?

 

それぞれの国の風習や風土などによって、考え方など様々だと思います。

日本の場合、世界と肩を並べることのできるリサイクル大国になるためには、皆が一人ひとり「リサイクルに関して意識をもう少し向ける」ことが必要です。

 

仙台市では、”ワケアップ”と題して、 資源とごみの分け方、出し方について、積極的に取り組んでいます。

「リサイクルやごみの分別」をもっと身近なものにしていきましょう。 

 

それではこの辺で。

 

後藤