皆さんこんにちは。

毎日、雨が続いてますね。

 

仙台では28日間連続で雨が降っているそうで、 観測史上3番目となるそうです!

 

こういう天気が続くと、気分も滅入ってしまいがちですが、 このblogを見て頂いて、少しでも皆さんが元気になってももらえたらと思っています。

 

さて、今回紹介するのは、仙台市の保存樹に指定されている、樹齢600年を超える 「瞑想の松」です。

この松は、東北医科薬科大学の敷地内にあります。

 

現在は「瞑想の松」という名前で親しまれていますが、正式な名称は、「高山樗牛(たかやまちょぎゅう)瞑想の松」 と言うそうです。

由来は、明治の評論家「高山樗牛(たかやまちょぎゅう)」が旧制仙台二高の 学生だった頃に、この松の下に立って一人瞑想したことにあるようです。

 

松の木の傍には石碑が建てられており、高山樗牛の友人でもある土井晩翠が詠んだ詩が刻まれています。

 

「いくたびかここに真昼の夢見たる 高山樗牛 瞑想の松」

 

 

瞑想の松は、台原地区の小高い丘の上に立っており、仙台市内を一望できる場所です。

 

傍には展望台も設置されていて、東を見れば松島方面を眺めることができ、西を見れば蔵王の 山なみを仰ぎ見ることが出来ます。

 

また、南を見れば、「杜の都 仙台」のいらかを眺望できます。

 

夜になると、綺麗な夜景が見られるということで、一部では夜景スポットとして知られているようです。

 

冒頭でも述べましたが、この「瞑想の松」は東北医科薬科大学の敷地内にあります。

 

 

近隣には駐車場などはありませんので、訪れる場合は公共交通機関をご利用ください。 

 

杜の都の名木・古木:http://www.city.sendai.jp/ryokuchihozen/kurashi/shizen/midori/mesho/hozen/meboku.html

地図:http://www2.wagmap.jp/sendaicity/map/map.asp

 

******************************************

さて、ちょっとここでこの「瞑想の松」に関する小ネタを。

 

現在、仙台メディアテークで開催されているジョジョ展をご存知でしょうか?

 

原作者の荒木飛呂彦氏は、仙台市出身ということもあり、物語の舞台となる都市(S市杜王町)は、仙台市がモデルになっています。

 

最近は、アニメなどのモデルとなった実在する場所をめぐる小旅行が人気を博し、「聖地巡礼」と呼ばれて久しいですが、仙台市を訪れる「ジョジョファン」も結構いるそうです。

 

この「瞑想の松」、じつは、ジョジョの物語に描かれていて、《ジョジョリオン》の第5巻に登場するのです。

 

仙台に留まらず、皆様の地元やゆかりの土地を色々調べると、様々な話題を見つけることが出来ます。

 

皆さんも自分が住んでいる街が、どういった場所なのか、調べてみてはいかがでしょうか?

 

意外なことが解るかもしれませんよ?

 

それではこの辺で

 

後藤