皆さんこんにちは。

blogの更新が滞ってしまい、申し訳ありませんでした。

今月からまた、皆さんに様々な情報を発信していきますので よろしくお願いします。

 

さて、今回紹介するのは、 「ごみの減量化・資源化に向けた大都市共同キャンペーン」です。

環境省では、10月を3R(スリーアール)推進月間と定めており、 仙台市を含む政令指定都市(20都市)と、東京23特別区において、「ごみ減量化・資源化」のキャンペーンを共同で実施しています。

 

このキャンペーンは、今年で26回目を迎えるそうです。

 

また、今回のテーマは、「一人ひとりが主役のエコ暮らし」と題し、期間中は 仙台市の関連施設にポスターを掲示したり、イベント(区民まつり等)で啓発グッズの 配布を行って、より多くの方々に3R(スリーアール)をPRするとのことです。

以下のURLから、このキャンペーン期間中の様々な情報へ飛べます。ご覧になってください。

http://www.re-style.env.go.jp/3rmonth-2017/

 

ところで、皆さんご存知の3R。 

 

 Reduce(リデュース)」:ゴミになるものを減らす(発生抑制)

◆Reuse(リユース)」:繰り返し使う(再使用)

「Recycle(リサイクル」:再生して使う(再生利用)

 

この3つの単語の頭文字をとった3Rですが、

皆さんに一番身近なものは、プラスチック容器包装収集でしょうか・・・・。

 

プラスチック容器包装で収集しているものは、すべてリサイクルされ、 パレットという製品になります。

 

パレットとは、物流の荷役台として使用されています。

昔は木製が主流でしたが、現在は害虫対策や耐久性などの観点から プラスチック製の需要が拡大しているのです。

その原料となるものが、皆さんのご家庭から出されるプラスチック容器包装なのです。

 

しかしながら、残念なことに、リサイクルできるこれらのものが、 分別されずに、家庭ごみと一緒に出されているのが実情です。

 

 

以前、このblogで、政令指定都市別のごみが少ない都市ランキングを紹介しましたが、 仙台市は20ある政令指定都市の中で10位という結果でした。 http://info.aobakankyo.com/?eid=46

 

皆さんがいま一度、3Rを心掛けることで、 このランキングの順位を押し上げることにつながると思います。 

 

このキャンペーンを良い機会として、 皆さんも3Rに挑戦してみましょう! 

 

それではこの辺で。

 

後藤