皆さんこんにちは。

朝晩はだいぶ涼しくなりましたね。

季節の変わり目は体調を崩しやすいので、お気を付けください。

 

さて、皆さんはこのポスターを見かけたことがありますか?

お住いのマンションの集積所やアパート・地域の集積所などに 今月からお目見えしたポスターになります。

 

ポスターを見て頂くとわかりますが、「プラ混入注意!と書かれていますね。

 

前回の記事でも書きましたが、今月は環境省が進める「3R推進月間」です。 それに伴い、仙台市ではこのようなポスターを各集積所に掲示を開始したのです。

 

 

さて、ポスターの内容を見てみると、、、

皆さんのご家庭から出る「家庭ごみ」の中には約12%のプラ容器包装が混入しているとのこと。

 

それらを分別することで、家庭ごみの量が減り、プラ容器包装のリサイクル量が増えるというものです。

 

 

昨年、平成26年度の実績値を基に算出されたデータによると、

仙台市の1日一人当たりの排出量は489g 

 

全国に20ある政令指定都市の中で、第10位というランキングでした。

 

仙台市では、1日一人当たりが排出するごみの量を、450g以下にすることえを目指しています。

 

皆さんがプラ容器包装を適切に分別することで、この目標を達成することが可能です。

 

 

 

余談ですが、

 

私は主に、プラスチック容器包装(赤い指定袋)の業務に携わっています。

 

収集していると、袋の中にプラ容器包装ではないものが多く混ざっています。

 

例を挙げると、

.謄ッシュペーパー

割りばし

プラスチック製品

せ耄

ダ犬瓦  などなど、

 

リサイクルできないものが多数入っています。

 

リサイクルできないもの(プラ容器包装以外)は、家庭ごみでの収集(緑の指定袋)となりますので お間違いのないようにお願いします。

 

私自身も含めてですが、一人一人が一丸となって取り組むことで 仙台市が掲げている目標を達成することが出来ます。

 

この機会にぜひ、ごみの分別とリサイクルに取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

それでは、この辺で。

 

後藤