皆さんこんにちは。

 

前回、「緑の名所100選」と題して、台原森林公園を紹介しました。

本日はその第2弾、青葉区東照宮にある【とちのき公園】を紹介したいと思います。

とちのき公園はその名が示す通り、トチノキが数多く植えられている、珍しい公園です。

 

ネットで調べてみると、公園内にはじつに約90本のトチノキが植えられているそうで、 最も高い木は樹高は、なんと28mに達するそうです!

トチノキは、東日本に多く自生しており、特に東北地方に多い樹木と言われています。

 

5月下旬から6月中旬頃にかけて、白い花を咲かせます。

 

中には赤い花を咲かせる 「ベニバナトチノキ」と言う種類もあるようです。

 

 

とちのき公園を撮影したのは6月6日。

 

まだ花は咲いていませんでした。

 

この公園は閑静な住宅地の中にあり、地域住民の憩いの場として親しまれているそうです。

この日はとても天気が良く、青々と生い茂った葉の間から、太陽の光が差し込み、 至るところに緑陰を落としていました。

 

トチノキは、秋になると「ゴルフボール大」の実を付けます。

実は「栗」に似ており、地方によっては「トチグリ」と呼ばれ、 アクを抜くと食べることが出来ます。

 

「栃餅」って聞いたことありますか?

東北地方だと、山形が名産のようですが、全国的に名産地があるようです。

ただ、栃の実を食べるにはかなりの手間がかかるようなので、 素人にはなかなか難しいみたいです。

 

ちなみに、栃木県の話をしますと、

県木はトチノキで、県章にもトチの葉がデザインされています。

【参照】栃木県HP:http://www.pref.tochigi.lg.jp/

 

この、とちのき公園も、秋になると周辺の住民の方々が豊かな自然の恵みにあずかろうと、 トチの実拾いをする姿を見かけることができるそうです。

 

閑静な住宅地に佇む憩いの場、「とちのき公園」

皆さんも一度訪れてみてはいかがでしょうか?

 

詳しい場所については、下記マップをご参照ください。 

http://www.city.sendai.jp/ryokuchihozen/mesho100sen/ichiran/029.html

 

それではこの辺で。

 

後藤

皆さんこんにちは。

 

さて、今回は家庭ごみの出し方の中でも、在宅医療の廃棄物について 説明したいと思います。

 

一般的に、在宅医療で使われるものの種類としては、以下のものがあります。

 

注射針(ペン型自己注射器を含む鋭利なもの)

点滴バッグ

チューブ類(点滴用など含む)

カテーテル

 

また、これらの廃棄物が発生する状況としては、

 

^綮奸Υ埜郢嫖が自宅を訪問し、医療処置を行って発生するもの

医師の指導管理に基づき、患者等が自ら医療処置を行って発生するもの

 

上記の2つのパターンがあります。

 

 

仙台市では、在宅医療廃棄物をごみにとして出す場合、大きく分けて二つの方法で 出すことになっています。

 

注射針(ペン型自己注射器を含む鋭利なもの)

 ⇒家庭ごみとして出すことはできません。かかりつけの医療機関や薬局に返却してください。

点滴バッグやチューブ類

 ⇒ビニール袋などで密閉して、家庭ごみ用指定袋に入れて出してください。

(画像は仙台市のHPより引用)

 

注射針など鋭利なものが、家庭ごみとして出せない大きな理由としては、

針など付着している血液が収集作業や仕分け作業中に作業員に付着し、感染等の危険性があるためです。

 

糖尿病患者の方が使うインスリン注入器や、点滴用の注射針がこれに該当します。

 

正しい方法で正しく出すことによって、皆さんを含め我々収集する人達の安全にも 繋がります。

 

この機会にごみの出し方を再度確認してみませんか?

 

詳しくはワケルネット、および、仙台市生活ごみ分別事典「ワケルくん」をご参照ください。

 

それではこの辺で

 

後藤

皆さんこんにちは。

新緑の季節、至るところで木々が青々と生い茂る光景が見られるようになりましたね。

今回は、そんな新緑を楽しめる名所をご紹介したいと思います。

 

仙台市では、市民が選んだとっておきのみどりの風景 「杜の都 わがまち緑の名所100選」と題して、仙台市のホームページで 仙台市内の緑豊かな場所を紹介しています。 http://www.city.sendai.jp/ryokuchihozen/mesho100sen/

 

弊社が仙台市から受託している家庭ごみ収集地域の中にも、 その100選に選ばれた場所がいくつかあります。

 

第1弾として紹介するのは、青葉区台原にある、【台原森林公園】です。

台原森林公園は市街地に近く、その名の通り森林が残されている 緑豊かな大規模公園です。

 

園内には広々とした中央遊歩道があり、「健康広場」や「大池」、 鳩の彫刻がある芝生公園などがあり周遊することが出来ます。

また、山林の遊歩道を歩くと、「アスレチック広場」があり、 遊歩道から分かれる小道にはコナラやアカマツなどが群生しています。

中央遊歩道を南に向かって歩くと地下鉄南北線旭ヶ丘駅があり、 そこからさらに南に向かう遊歩道脇には、ホタルが生息する池があり、 毎年6月末頃にホタルまつりが開催されています。

 

ちなみに、今年のホタルまつりは、6月24日(土)に開催されるそうです。

 

公園のほぼ中心に位置する「大池」は毎年6月から7月にかけて睡蓮の花が咲き、 散歩に来る市民の方々の目を楽しませてくれます。

撮影当日はまだ睡蓮は咲いていませんでした・・・・。(残念)

台原森林公園は、自然林と人工林に包まれた公園ですが、 園内からは野鳥のさえずりが聞こえ、木々の間を駆け抜けるリスの姿を 見かけることができるそうです。

 

春には桜、初夏にかけての新緑、緑陰の涼しい夏、紅葉が生える秋 雪に覆われて神秘的な雰囲気となる冬など、四季折々の風景を楽しめる身近な公園。

 

近くには「仙台市文学館」や「仙台市科学館」などの施設もあります。

台原森林公園へのアクセス方法として、

 

車で行く場合は、台原入口(地下鉄台原駅奥)と北根黒松入口に、駐車場があります。

公共交通機関で行く場合は、【地下鉄旭ヶ丘駅】で下車すると目の前が台原森林公園になります。

 

詳しい場所は、マップをご参照ください。 

http://www.city.sendai.jp/ryokuchihozen/mesho100sen/ichiran/027.html

 

それではこの辺で。

 

後藤

皆さんこんにちは。

いよいよ6月に入りましたね。

早いもので、平成29年も半年を迎えようとしています。

仙台はこれから梅雨の時期に入ります。 肌寒い日もあるので、体調には十分気を付けてください。

 

さて、今回紹介するのは守り本尊の第3弾!

戌年(イヌ)と亥年(イノシシ)の守り本尊である、大崎八幡宮です。

仙台市内には、江戸時代に盛んになったと言われる卦体神(けたいがみ)信仰に伴い、 十二支の守り本尊があります。

弊社が仙台市から受託している家庭ごみ収集地域(青葉区)には、 この守り本尊がいくつかあり、大崎八幡宮もその一つになります。

 

大崎八幡宮は、文化財としても貴重で、 社殿(本殿・石の間・拝殿)は、昭和27年に「国宝」に指定されました。

大崎八幡宮は、坂上田村麻呂が八幡宮の総本社である宇佐神宮を現在の岩手県奥州市に勧請し、 「鎮守府八幡宮」と称したことに始まります。

室町時代に奥州管領だった「大崎氏」が 、現在の宮城県大崎市に遷したため、【大崎八幡宮】と呼ばれるようになったそうです。

 

江戸時代になり、「大崎氏」が改易され、 初代仙台藩主 伊達政宗公が仙台城から見て北西の方角にある現在地(青葉区八幡町)に 大崎八幡宮を造営し、従来伊達氏が祀ってきた成島八幡宮と合祀して遷座、 仙台城下の乾(=「戌亥」、すなわち北西の方角)天門の鎮めとなったといわれます。

 

ちなみに、十二支は方角を表しますが、「戌亥」は「北西」。

大崎八幡宮が戌と亥の守り本尊であることが ここからもお分かりになるかと思います。

 

あれ???そういえば・・・。

申酉の守り本尊である大日如来は? 午の守り本尊である二十三夜堂は?

申酉は方角で言うと西南西 午は南 大崎八幡宮は仙台城からみて北西(戌亥)に位置してますが 大日如来と二十三夜堂は違うような・・・。

その理由はまたの機会に。

 

大崎八幡宮は、どんと祭が有名ですが、祭事の時だけではなく、 ふと気軽に足を運んで、境内を散策するのも良いかもしれません。

 

ちなみに、社殿の修復工事も終わり、 見事な装飾を見ることが出来ます。

仙台の鎮守、大崎八幡宮 是非行ってみてください。

http://www.oosaki-hachiman.or.jp/

 

それではこの辺で。

 

後藤

皆様こんにちは。代表の佐藤です。

 

本日は、世界禁煙デー WORLD NO-TOBACCO DAY です。

(画像は厚生労働省HPより引用)

 

世界保健機関WHOが、毎年5月31日に定めたものです。

 

 

厚生労働省では、今日より一週間を、「禁煙週間」とし、普及啓発活動を行なっています。

 

平成29年度は「2020年、受動喫煙のない社会を目指して 〜たばこの煙から子ども達をまもろう〜」というテーマで、禁煙週間を実施するとのこと。

リンク:http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000162438.html

 

仙台市健康福祉局でも、受動喫煙防止宣言をした事業所等に向けて、啓発ポスターを配布。

さっそくわが社でも、ポスターを掲示いたしました。

 

さらには、「禁煙宣言」をした社員も出てまいりました。心強い!

 

会社全体で禁煙を推進しております弊社としても、意識していきたい一週間ですね。

 

関係各所の皆々様、どうぞ宜しくお願いします!

 

 

皆さんこんにちは。

暑い日が続いたと思ったら、ここ数日は雨模様ですね。

肌寒い毎日ですが、風邪ひかないようお互い注意していきましょう。

 

さて、皆さんは「ふるさとの杜再生プロジェクト」という活動をご存知ですか?

(画像は仙台市HPより引用)

 

弊社では1ヵ月前になりますが、このプロジェクトに賛同し、寄付を行いました。

 

このプロジェクトは、仙台市が中心となり、「杜の都・仙台」の復興のシンボルの 一つとなる事業として、市民・NPO・企業等の力を結集して、海岸防災林をはじめとした仙台市東部沿岸地域の緑の再生を図り、東部沿岸地域にかつてのみどり豊かな景観を取り戻して、仙台市民に限らず、みんなが再び集う場になるよう取り組む事業です。

 

弊社ではその一助となるべく、寄付させて頂きました。

 

このプロジェクトの主体は「市民」です。

 

東日本大震災で"失われたみどり"に加え、復興の過程で生まれる"新しいみどり"。

この二つが融合して、これから先の、新たなふるさとの風景になっていきます。

 

「植える・育てる・支える」

 

この3つのテーマを柱として、今後も色々なイベントを開催するみたいですよ。

 

詳しくは下記URLをご参照ください。

http://www.city.sendai.jp/ryokukasuishin/kurashi/shizen/midori/project/index.html

 

機会があったら、皆さんも参加してみませんか?

 

 

個人的な話になりますが、 私は趣味の一つにドライブがあります。

 

先日、沿岸沿いの道路(通称、県道亘理−塩釜線)を走っていた時 以前よりも緑が増えたなーという印象を受けました。

 

もしかしたら、このプロジェクトによる植樹なのかもしれませんね。

 

それではこの辺で。

 

後藤

皆さんこんにちは。

先日の記事では、浪分神社をご紹介しました。

今回はその浪分神社から歩いて5分ほどの場所にある、 江戸時代の力士「谷風(谷風梶之助)の墓」をご紹介したいと思います。

 

谷風は、仙台藩陸奥国宮城郡霞目村(現在の若林区霞目)出身の力士で、 第4代横綱であり、大相撲史上屈指の強豪で、力量・人格の面で現在の横綱の模範となった人物です。

(画像はhttps://edo-g.com/men/view/91より引用)

 

「第4代」となっていますが、実質上最初の横綱とされており、この 霞目出身の谷風は2代目ですが、初代谷風も宮城出身(現在の蔵王町)でした。

しかし、初代谷風は讃岐高松藩主「松平家」のお抱え力士でしたので、 初代を「讃岐の谷風」2代目を「仙台の谷風」というように区別して称されています。

 

また、初代は当時横綱という地位が無かったため、大関でした。

 

仙台の谷風は、江戸本場所において土付かずの「63連勝」という大記録を達成したと伝えられています。

この記録は、第35代横綱「双葉山」が記録した69連勝するまでの150年の間、連勝記録となっていました。

現役横綱である白鵬も、2013年5月に谷風の持つ記録63連勝に並びましたが、追い抜くことは出来ませんでした。

 

若林区霞目にある谷風の墓は小さい公園になっており、

閑静な場所にあります。

先日紹介した「浪分神社」から100m北に進んだところに谷風の生家があったと言われていますが、東日本大震災で被災したため、現在は更地になっているそうです。

 

 

浪分神社と谷風の墓、徒歩圏内にありますので、周ってみてはいかがでしょうか?

新緑の季節、散歩にはちょうどいいかもしれませんね。

 

ちなみに、青葉区の匂当台公園に、谷風のブロンズ像が設置されているので、ぜひ探してみてください!

 

それではこの辺で。

 

後藤

皆さんこんにちは。

日中は夏のような暑さになる日が続くようになりました。

熱中症のニュースもちらほら聞こえてくるようにもなりましたので、 体調崩さないように気を付けていきましょう!

 

さて、今回の話題は「若林区の歴史探索」です。

 

これまでは弊社が仙台市から受託している家庭ごみなどの収集地域の史跡などを、主に青葉区を中心としてご紹介してきましたが、このblogも2年目に突入しましたので、弊社のある「若林区」にもスポットをあてていきたいと思います。

 

その第1弾として、若林区霞目にある 浪分神社 をご紹介します。

浪分神社は、弊社から車で5分ほどの場所にある小さな神社です。

 建立当時は現在の場所から500mほど南東の今より海に近い場所にあったそうです。

 

この神社は、稲荷神社として建立されたそうですが、 慶長16年に発生した地震による大津波の際、神社近くまで来た津波が社前で 二つに分かれて引いていったという伝承があり、それ以来、波(浪)が分かれた神社、すなわち「浪分神社」と呼ばれるようになったそうです。

この伝承のもとになっている津波は、先ほども書きましたが慶長16年と言われていますが、 文献や伝承などにあたった最新の調査では、なんと平安時代、あるいは弥生時代の津波まで遡る可能性もあるそうです! 

 

ちなみに慶長16年とは西暦で言うと1611年。江戸時代初期になります。

 

2年後の1613年に、支倉常長が伊達政宗の命によりスペインへ出向しています。

いわゆる、慶長遣欧使節ですね。

支倉常長像(仙台市博物館蔵)

 

もしかすると、伊達政宗は津波で被害を受けた仙台藩を復興させるため、 海外の様々な技術を持ち帰ることも目的の一つとして 支倉常長に命じていたのかもしれませんね。

 

この浪分神社の伝承は、東日本大震災後に各メディアを通して全国に広まりました。

 

また、全国各地にも同じような津波に関する伝承や史跡があるようです。

 

この伝承などをも後世に伝えていきたいですね。

 

浪分神社に行く際は、駐車場などがありませんので、公共交通機関をご利用ください。

 

それではこの辺で

 

後藤

皆さんこんにちは。

 

さて、5月17日付の朝日新聞デジタル版に、このような記事が掲載されていました。

 

「生ごみの臭いがフルーティーに変身 ごみ収集車から出る臭いを【いい匂い】にする消臭剤を開発し、6月より販売開始」

記事URL http://www.asahi.com/articles/ASK5K5GQZK5KULFA01Q.html

 

凄い技術が開発されましたね! 

 

実際、私たちが毎日収集している家庭ごみは、紙ごみから生ごみまであらゆるものが混ざっていて、 いわゆるごみの「臭い」がします。

 

そういったものに対応するため、車輌の装備として、ごみ収集車には「汚水タンク」が装備されており、 臭いの元である汚水が道路や集積所に漏れないような構造となっています。

 

また、各自治体(仙台市など)からは、収集終了後に必ず洗車するよう求められていますので、 弊社でも車庫に戻った際には全ての車両を洗車し、パッカー内に臭いが残らないよう消臭効果のある洗剤を使用しています。

 

このような対策をとってもなお、車輌に「臭い」が残る、取りきれないというのが現状です・・・。

 

今回話題となる、消臭剤やごみ収集車に取り付ける噴霧装置は、いわばそうした”不都合”を解決すべく開発された、画期的なものだと思います。

 

このような技術が、全国のごみ収集車に導入されれば、 ごみ収集を含む、廃棄物処理業の「臭気」という大きな問題解決につながるかもしれませんね。

 

*****

ここで一つ、暑くなってきた今だからお願いしたい「臭い」対策を。

 

生ごみを出す際は、以下の2点にチャレンジしていただきたく思います!

 

  水気をよく切って出す 

   ⇒「臭い」が抑えられます。

 

  生魚を捌いた際にでる内臓や骨などは、一度冷凍してから出す 

   ⇒ 独特の生臭いにおいが緩和されます。

 

ごみを出す際にひと手間加えると臭い対策になります。

 

普段の生活の中で行うのは難しいかもしれませんが、ぜひ一度試してみてください。

 

それではこの辺で。

 

後藤

皆さんこんにちは。

5月も末に近づき、日中は20℃を超えて汗ばむ暑さを感じることが多くなりましたね。

しかしながら、朝夕はまだまだ肌寒さが続いていますので、お体ご自愛ください。

 

さて、今回紹介するのは、仙台市が、東京2020オリンピック・パラリンピック大会の メダルを制作するプロジェクト「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」 に参加するというものです。

プロジェクトの詳しい内容については下記URLをご参照ください。 (画像はHPより引用しました)​

https://tokyo2020.jp/jp/games/medals/project/

 

以前、このblogで「小型家電リサイクル」についてお話ししましたが、 仙台市では平成27年4月から「小型家電リサイクル事業」を開始しています。

http://www.gomi100.com/3r/recovery/000559.php

(画像はワケルネットより引用しました)

 

携帯電話やゲーム機・パソコン・デジタルカメラなどには、「金」を含む 様々な金属が使われています。

 

中には「レアメタル」と言われる、希少な金属も含まれています。

 

製品によって含有量は異なりますが、この小型家電リサイクル事業で、回収ボックス(市内29か所)で集めた 携帯電話や小型パソコンから抽出された「金)などの金属が、東京2020オリンピック・パラリンピック大会 のメダルになる!というものです。

(画像はHPより引用しました)

 

活動のかたちとしては些細なものかもしれませんが、国民一人一人のリサイクル活動が、日本で行われる オリンピック・パラリンピックの一助になる。すごいことですね!

 

先ほど、ネットでこのプロジェクトについて調べたところ、 東京都では、すでに3万個の小型家電(主に携帯電話)が集まったそうですよ!

 

仙台市でも、負けないくらい集まるといいですね!

 

2020年大会で必要なメダルの数は、5000個 だそうです。

 

メダルと作るためには、携帯電話の数に換算すると、およそ「2000万台」が必要とされるようです。

携帯電話以外にも金属は含まれているので、およその数ですが、相当な台数が必要みたいですね。

 

皆さんのご家庭に、使わなくなった小型家電(携帯電話)などはありませんか?

 

このプロジェクトは、5月20日(土)からスタートします。

 

詳しいことはワケルネットをご覧ください。

http://www.gomi100.com/3r/recovery/post.php

 

それでは、この辺で。

 

後藤